くすのき祭くすのき祭
歴代ハッピ

くすのき祭実行委員会(通称実委)の紹介ページ

ここはくすのき祭を運営する上で重要な存在である、くすのき祭実行委員会の紹介ページです!!!!!
"くすのき祭を円滑に運営・進行させるためくすのき祭実行委員会を置く。実行委員会は有志により構成され、くすのき祭全般における準備活動は実行委員会が指揮・執行する"(くすのき祭規約より抜粋)
と、お堅い感じに書かれていますが・・・
要は全ての青春をくすのき祭にかけ、当日いらっしゃるお客様を全力でおもてなしさせていただく一風変わった男の集団です!!
このページはそんな実行委員会(以下実委)をご紹介するページです。
3年生によって構成される小委と1,2年生により構成される各班をそれぞれの担当者がその班の活動写真とともにご紹介します!!!!
と、その前に第70回くすのき祭実行委員会委員長よりご挨拶を申し上げます。

委員長挨拶

委員長のハッピ

こんにちは。第70回くすのき祭実行委員会委員長の大木です。
昨年度第69回くすのき祭は、地域の方や先生方など多くの方にご協力いただき無事開催することができ、その結果、15000人を超える大変多くの方に来校していただきました。ありがとうございました。
くすのき祭最大の特徴は生徒が「自主自立」の校風に基づき、すべての面で主体的に活動していることです。クラスや部活動で構成される参加団体は、どうすれば来校者に楽しんでいただけるかを考え、自分たちで企画から準備まで全てを行います。
また実行委員会も、来校者の方に楽しんでいたただくため、くすのき祭を盛り上げるために警備やパンフレットの作成、宣伝活動、入場門の作成などを全て生徒の手で行っています。
今年は70周年ということで、ここ数年で一番盛り上がる文化祭になるよう昨年から準備を重ねてきました。過去から引き継いできた伝統を発展させ、さらに素晴らしいくすのき祭を作れるよう、川高生一同一丸となって努力していきます。
みなさん、ぜひくすのき祭へお越しください。心からお待ちしております。

小委

歴代ハッピ

ここでは、小委の紹介を致します!!
小委は、2年間この下に書いてある6つの各班のいずれかで活動した3年生の実行委員で構成されています。
小委の中には、くすのき祭実行委員会委員長以下、参団系副委員長、警備系副委員長、事務系副委員長、校内警備・校外警備、委員会企画、電気担当がいます。
下に書いてある各班とは違い、集中して何かをやる!!というのではなく、実行委員会全体を運営しくすのき祭全体に関わる仕事をしています。
例えば、当日の実行委員の仕事である"警備"のマニュアルの作成や参加団体として"実委展示部屋"の運営、Twitterの管理運営などで、活動は多岐にわたります。

イヴェント班

イヴェントステージ前にて

私たちイヴェント班は、くすのき祭当日にイヴェントステージで様々な企画を披露しています。
例年、夏休みまでに企画を考え、夏休みの間は当日お客様に披露するダンスや劇の練習を行っています。
イヴェント班の魅力、それは企画の構想・披露を1年生に任せているというところです。
例えば、1年生が任せられている企画には、部活動対抗トーナメントとBigProjectがあります。
部活動対抗トーナメントでは様々な部活同士が1年生が考えた企画で競ってグランプリを決めます。
また、BigProjectでは1年生がダンスや劇などを披露します。
イヴェントステージのタイムスケジュールは決まり次第、スケジュールのページに掲載いたします。どうぞ今年のイヴェントステージもお楽しみに!!

参加団体会場運営班

スリッパ磨きを手伝うみがわり

参加団体会場運営班を名前にちなんで説明していきます!
まず、「参加団体」の部分です。参加団体とは当日に出店などをする団体のことです。私たちはその参加団体をサポートする仕事もしています。
次に「会場運営」の部分です。私たちは当日までに備品の管理を通して会場を作っていきます。備品とは机や椅子、テント、ゴミ箱などのことです。
当日は校舎の出入り口でスリッパを配り回収しています。目立つことはしませんが、縁の下の力持ちとして頑張りたいと思います。お待ちしております。

宣伝班

くすのき祭臨時バス

宣伝班は、夏休みからくすのき祭前日まで様々な場所でポスター掲示、ビラ・ティッシュ配布などの活動を通して宣伝活動を行います。
くすのき祭当日は、川越駅と本川越駅から発着する臨時直通バスの誘導および徒歩で向かわれる方々のご案内をするのも我々の仕事です。
そして、今年は川越女子高校紫苑祭PR班をはじめ、他校の宣伝担当の方と一緒に宣伝活動を行う予定です。
最後に、今回で70回目の開催を迎えるくすのき祭。くすのき祭宣伝班では"来場者数20000人"を目標に掲げています。
皆様のご来校を心よりお待ちしております。

中後夜祭班

中後夜祭のステージバック作成中

中後夜祭班は主に中夜祭、後夜祭の運営、進行を担当しています。
中夜祭、後夜祭に於いて行われる軽音楽部のライブや應援部による演技発表、また参加者全員で踊るハッチなど、様々な参加団体による演目が行われ、毎年川越高校ならではの盛り上がりを見せています。
今年はくすのき祭が70周年を迎え、節目の年ということもあり、学校全体が気合十分にくすのき祭に向けて準備を進めています。
我々中後夜祭班もくすのき祭を盛り上げるべく、着々と準備を進めています。
くすのき祭にお越しいただいた折には是非中夜祭、後夜祭にもご参加ください。 

特別装飾班

昨年の記念品

特別装飾班、通称特装班の主な仕事は、目張りを作ることです。目張りというのは、女性のスカートの中を覗かせないようにするための防犯器具で、階段に設置します。
他にも、当日総合案内所で販売される記念品のデザイン等も担当させていただきます。今年度はクリアファイルやブレスレットなどを販売します。
当日は特に当日設置される総合案内所や校内案内所で仕事を行っています。警備といっても実際行う仕事はデパートなどに設けられているサービスカウンターと相違ないです。
もし、何か困ったことがございましたら、総合案内所や校内案内所にお越しください。

門班

今年の門のモチーフ

門班は、名前の通りくすのき祭の入場門を作る班です。
その門を設計から組み立てまで全て、電動工具にほとんど頼らずに生徒の手で作り上げます。
例年、門は高さが11mにもなり、大迫力です!
今年の門のモチーフは、カザフスタンのゼンコフ正教会です!
ここ数年にない黄色がベースのカラフルな建物です。
作業風景や最新情報などはTwitterでご覧になれます。
くすのき祭を盛り上げるべく、班員一同一所懸命作業していきますので、ぜひ、くすのき祭にお越しください。

中・後夜祭関連

こちらでは16時以降に開催される中夜祭(2日)と後夜祭(3日)について詳しくお知らせします。
中夜祭・後夜祭(以後中後夜祭)では中後夜祭班や部活動がステージ上で色々なパフォーマンスを披露したり、伝統のハッチを来校者の方々と一緒に踊ったりします。ということでこちらではハッチについて詳しくご紹介いたします!!
なお、中後夜祭中は全ての参加団体の営業を終了しています。飲み物はステージ横にて実行委員会が販売しておりますのでご利用ください。

ハッチとは??

70年代の DISCOシーン ドイツ出身の 男女6人組『ジンギスカン』の曲……
その“ハッチ大作戦”をもとに
埼玉県の 男女別学の学校が集まって ダンスを考案した――
と、伝えられています。今現在ハッチは川越高校・川越女子高校等で踊られていますが一般公開されているのは川越高校の中後夜祭だけです!!!
皆さんご来場される前にあらかじめ踊り方を覚えて、当日はみんなで踊って楽しみましょーーーー!!!!!

ハッチの注意事項

・ダンス中の危険な行為、過度な振り付け、人の迷惑となることは絶対に止めてください。また、中央で踊っている実行委員の輪の内側に入り込むと大変危険です。 そのような行為が見られた場合、実行委員会の判断により直ちに曲を止め、ハッチを中止する場合があります。
みんなで安全に最後までハッチを楽しむためにも安全面への配慮をお願いします。
・野球内野は立ち入り禁止です。
・少しの雨でもグラウンドの状態によって、ハッチのみ中止となることがあります。
 

踊り方

こちらではハッチの踊り方をご紹介しまーす!!
ハッチはそこまで難しい踊りではありません!!しかも、子供や大人の運動不足解消やお爺ちゃんお婆ちゃんの足腰強化も期待できます!!
ということで、昨年の中後夜祭班班長に協力してもらってハッチの踊り方をご紹介いたします。
なお、著作権の関係で曲は終始ついておりません。本番では 「Dschinghis Khan(ジンギスカン)」の「Hadschi Halef Omar (ハッチ大作戦)」を流します。よろしければ聞いてみてくださいね!!